診療所案内
院長より
診療内容
交通アクセス
お知らせ
よくあるご質問
カラダのはなし
連携医療機関

フジテレビ湾岸スタジオビル診療所

花粉症の初期療法を!

2011年のスギ花粉飛散量は、少なかった昨年の数倍で例年を大きく上回ると予測されています。昨年比較的楽に過ごせた方でも、今年は症状が強く出る可能性が高いと思われます。

では、強くて長い期間にわたる鼻症状や眼の症状を少しでも軽減するにはどうすればよいのでしょうか?

関東一円では、2月上旬がある一定量以上のスギ花粉の飛散がはじまる目安です。症状が始まってから抗アレルギー薬を使用するのではなく、花粉症状が出始める前の1月中・下旬頃から早めに薬の内服を始めることが大切です。これを初期療法といいます。早めに内服を開始することにより、花粉症状の出始めを遅らせたり、飛散シーズン中は、症状の大きい山を小さい山にすることが期待できます。また、飛散シーズン最盛期の薬の量が少なくて済んだり、強い薬を使わなくて済む効果も期待できます。

                                 熊谷 和浩 (診療日: 月・火・木・金曜)

ニュース

PAGE TOP